2018年04月19日

あの山登ろう

皆さんこんにちは。
りんたパパです。


久しぶりのブログ更新。
ご無沙汰してしまい、スミマセン。

今日の宇都宮は、久しぶりの好天ですね。
朝の内は霧も出ていましたが、そこは「朝霧は晴れ」の格言通り、スッキリとした青空になってくれました。
昔のヒト、偉いなあと思いますね。
鍼灸師として日々の臨床でもまざまざと思い知らされます。
昔のヒト、本当に凄いです。


今日は定休日のりんたパパですが、治療院に来て、掃除をしたりお茶や消毒綿花の用意をしたりしています。
夕方から2人の6年生のケアを行うのです。

ピンと来られた読者の方もおられるかと思います。
今日来院するのは、りんたの野球部でバッテリーを組んでいる、R君とH君。
りんたのとても大切なチームメイトです。


先週末から始まっているのは、『学童野球の甲子園』といっても過言ではない、マクドナルド杯という大会で、宇都宮市の予選を勝ち上がると栃木県大会、さらには全国大会まで進める非常に重要な大会です。

選手末の日曜日、くじ運よく、2回戦から登場したわがチームは、以前から練習試合や小規模なカップ戦などで過去になんども苦杯をなめさせられたチームと対戦しました。
初回から両チームとも相手を三者凡退に抑えるなど、投手、守備共にしまった好ゲーム。

mac杯2回戦2 (2).jpg

守備の乱れからランナーを出してしまうなど、再三のピンチを無失点に抑えるピッチャーのR君。
5回まで両チームともに無得点で、我慢のピッチングを続けてくれました。

迎えた6回、1番バッターのS君のヒットを皮切りに犠打、フォアボールなどを絡めて貴重な先制点をもぎ取り、最終回には主将のH君のタイムリーなども飛び出して、5−0で勝利を収めることができました。

mac杯2回戦打撃 (2).jpg

21日の土曜日に行われる3回戦、そして日曜日の4回戦に勝利すれば県大会への出場が決まります。
そんな矢先に、下級生のクラスでインフルエンザの子が何名か出ているというショッキングな情報が流れました。

少なからず動揺しかけた父母たちやチームの子たちに向けて、ある選手のおじい様で、平日コーチを勤めて下さっている方が送ってくれたメールのタイトルが「あの山のぼろう」というものでした。

昨年の8月に新チームになってからの、最大の目標が今回の大会だということ。
子供たちの一生の思い出になるような試合にしたいこと。
親子ともども、健康管理に励みましょうと、温かい言葉の数々がつづられていました。

トーナメントの形は「山」形をしています。
いまはまだ山の中腹にさしかかるあたり。
あと一つ勝てばベスト8、もう一つ勝てばベスト4。
見える景色がぐっと変わるはずです。
登って、登って、今まで見たことの無い景色を見てみましょう。

子供たちを温かく支えて下さる方に恵まれていることを、改めてありがたく感じたりんたパパでした。
子供たち、行くぜ!マック杯!!

posted by りんたパパ at 11:55| 栃木 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする