2016年01月13日

イチゴイチエ

皆さん、こんにちは。
りんたパパです。


先週から予想された通り、今週は寒さが強まっていますね。
宇都宮も今朝は氷点下4℃まで下がりました。
家の屋根も、車のフロントガラスも、真っ白け。
路面の凍結箇所などもありそうですから、車での移動が多い方はどうぞご注意なさって下さいね。


昨日はブログの更新もままならないほど、バタバタしておりました。
かと思いきや一転して、落ち着いている今日。
お客様が入らないかなと思案していたところ、お電話が入りました。

足底板を作りたいとのご予約の電話だったのですが、ありがたいことに昨年の11月に足底板をお作りした柔道整復師さんからのご紹介があったとのこと。
更に元をたどれば、この柔道整復師さん(この方自身もサッカーをなさいます)のチームメイトが、ウォーキング・マジックが開業して第1号のお客様として足底板を作りに来て下さった方なんですね。

なんだかこう、人の繋がりを感じますね。

人の繋がりといいますと、先日の鍼供養の後、新年会の席で、栃木県鍼灸師会の重鎮であるN先生から嬉しいお申し出を頂きました。
N先生の蔵書の一部を「私はもう読まないから、よかったら差し上げたい。」とのこと。
大変ありがたく、二つ返事でお申し出を受けさせて頂きました。
お酒を酌み交わしながら伺うと、N先生は元々臨床検査技師をされていたのですが、一念発起して鍼灸の道に進まれたとのこと。
理学療法士から鍼灸の道に進んだりんたパパに、共感を持って下さったようです。

一人ひとりの方と出会い、生まれるご縁を大切にすること。
一つの出会いをこの上なく大切なものと捉える。
そうした考えを表す言葉に、「一期一会:いちごいちえ」というものがありますね。

茶道の世界の用語なのだそうですが、
「この出会いは一度きりのものであり、今目の前にいる方とも、今生(こんじょう:現在の人生)では再び会うことは適わないかもしれない。」
との思いを込めて、精いっぱいのおもてなしをしたり、尽くすことを勧めているわけですね。

りんたパパの施術にも、お話を伺う際にお出しするお茶の一杯にも、そんな真心を込めてみたい、そんな風に思ったのでした。
posted by りんたパパ at 11:54| 栃木 ☀| Comment(0) | 健康、鍼灸、リハビリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: