2017年04月25日

ちょっとだけお姉さんにみえた瞬間

皆さんこんにちは。
りんたパパです。


昨日は久しぶりに宇都宮市保健センターで、スキンタッチ教室の講師をつとめ、乳児さんとそのママさん達に癒されて参りました。なんだかね、やっぱり空気がミルキーな雰囲気になるんですよね。
今回はアシスタント的なことをしてきましたが、来月(5月29日・月)はりんたパパがメインの講師を担当致します。1歳未満の子供さんのいるママさん、よろしかったらご参加下さいね。もちろんお知り合いにチビちゃんのいるママさんがいらっしゃいましたら、教えて差し上げて下さい。
詳しくは宇都宮市子育てサロン中央 пF028-627-0204 までお問い合わせください。


子供の洋服って、すぐに子供の体が大きくなってしまい、真新しいものもそうそう数が揃えられなかったりしませんか?
そんなときに嬉しいのが、よそから頂く”おさがり”。
うちの子たちは”おさがり”大好きで、特によく見知っている子から頂くととても喜んだりします。

今回、おさがりを頂いたのはあゆちゃん。
「ふーちゃんのニオイだ。」
と嬉しそう。

少し年上のお友達から頂いた服は、それまであゆちゃんが持っていなかったようなお洋服で、着てみるとやっぱり雰囲気が違って見えたりするんですよね。

IMG_1560.JPG

靴下を履いていても、なんだかちょっぴりお姉さんっぽく見えます。

IMG_1561.JPG
「あゆちゃんだよ。」

IMG_1568.JPG
なぜだか頬っぺたへこまして、なぞのポージング。

ま、楽しそうで良かった。
ちなみに、去年のあゆちゃんはモビルスーツみたいでした・・・(笑)
http://bumotasansan.seesaa.net/article/437870008.html
女の子らしく育ってくれて、おとーさん安心。


昨日のベイビーたちも、あと何年もしないうちにこんなことを始めるようになるんです。
まだおしゃべりもできなくて、食べられるものも限られていて、やわらかくてあったかくて、ひたすらカワイイ生き物だという時期もあっという間に過ぎちゃいます。
ママさん・パパさん達、お世話が本当に大変だとは思いますが、今のこの時期を目いっぱい楽しんで味わって下さいね。

りんたパパは上の子供(りんたのことですね)が可愛い盛りの頃は転職したり、新しい職場で事業を立ち上げることに心身をすり減らしている時期でしたから、十分に子どもと関われず、殆ど一緒に過ごせなかったことがとても心残りでした。
6歳離れてあゆちゃんが産まれてきてくれたことで、もう一度子どもと過ごせるチャンスを頂いたようなもので、本当にありがたく思っています。
あゆちゃんと関わることや野球部の子供たちと触れ合うことで、改めてりんたとの絆も深まっていくことも日々実感できますしね。

お仕事や家事でお疲れのパパさん・ママさん。
お体のコンディションを整えて、家族と過ごせる時間を活き活きと過ごしてみませんか。
お灸や鍼はきっと、そんな方々のお力になれると思いますよ。

それでは、また。
りんたパパでした。
posted by りんたパパ at 12:11| 栃木 ☁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: