2017年10月23日

心優しき人を悼む

皆さん、お疲れ様です。
りんたパパです。

皆さんにまだ紹介していませんでしたが、この10月からりんたパパの治療院に新しい仲間が増えました。

経穴人形.JPG

経穴の部位を示してくれる、「経穴人形」君です。


台風が過ぎ去った今日。
りんたパパは悲しい知らせを受けとりました。
栃木県鍼灸師会財務部長で、元副会長の中島健太先生が本日ご病気のため亡くなられたのです。


3年前、りんたパパが鍼灸師会に入会した際、当時の会長である瓦井先生と共に真っ先に声をかけて下さったのが中島先生でした。
気さくな笑顔で、何事にも興味を持って暖かく接してくれる、その場の空気を和ませて下さる存在。

昨年の針供養の後、新年会の席でりんたパパに声をかけて下さった中島先生は、色々な話を聞かせて下さいました。ご自身が元々臨床検査技師だったこと、現代医学の知識に基づいた鍼灸の学び方について、臨床のこと、昔の鍼灸師会の様子などなど。
そしてその席で約束して下さったとおり、後日大きな段ボールに一杯の鍼灸に関わる書籍を送って下さいました。
(このエピソードは 2016年01月13日付け記事「イチゴイチエ」
http://bumotasansan.seesaa.net/article/432505427.html
をご参照下さい。)

今年の春ごろから、体調を崩されていた中島先生。
6月にはまたりんたパパのもとに幾冊かの医学書と小児鍼、関節角度の計測器具などを送って下さいました。
今振り返って思えば、ご自身の身辺整理として、形見分けとして送って下さったのでしょうか。

そして、冒頭の経穴人形君。
この子も、中島先生のもとにいたのですが、先日の役員会で頂いてきたのです。
これも何かの縁でしょうかね。
近くで中島先生が見守って下さっているように感じられるのは、今となっては大変ありがたいことです。


あれは今年の新年会でしたか・・・
「俺のところはさ、朝は早くから明けておくんだよ。ストーブ点けて暖かくしてさ、カラオケの機械使えるようにしておくの。近所の人が来て歌って行くんだよ。」
とニコニコしながら話されていたことを思い出します。
こんな鍼灸院、他にありますか?

誰にでも分け隔てなく、気さくに笑顔で接して下さった中島先生。
もうお会いできないことはたまらなく寂しく感じます。
先生の愛しておられたこの鍼灸師会を、今後もしっかりと発展させられるよう、会の役員としてまた後進の臨床家として精進を重ねていきたいと思います。

故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by りんたパパ at 23:46| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: