2016年12月06日

”口コミ”より温かい”ご紹介”のはなし

みなさん、今日もお疲れ様です。
りんたパパです。

風の冷たい一日でしたね。
でも、りんたパパは嬉しいことがあって、心の中が温かです。

それは、一本の電話からでした。
「もしもし、○○です。」
お昼に外出していたりんたパパ。
治療院の電話に残っていたメッセージに気づき、折り返しの電話をかけると、それは月に一度程のペースでご利用頂いているO様という女性からでした。
「突然でスミマセンが、今日の午後空いている時間はありませんか?」
「今一緒にいる友人が治療を受けたいんです。」

今日はお仕事がお休みで、お友達とランチを楽しんでいたO様。
楽しくお話をしているうち、話題は健康の悩みに及んだのだそうです。
するとO様が当院のことを紹介してくれて、
「頭痛薬を本当に使わなくなったの。」
と仰って下さったのだとか。

「午後お一人ご予約が入っていますが、その方の後は空いていますね。〇〇時ではいかがでしょうか?」
こうしてご予約を受け付けたりんたパパ、少し気持ちを高ぶらせながら午後の診療の支度を始めたのでした。


どうして気持ちが高ぶったのか・・・
実は午後のお一人目の方も、ご紹介のお客様で今回が初めてのご利用だったのです。

つまり、今日の午後、今までにご利用頂いているお客様のご紹介で、お二人のご新規のお客様が来院されたということです。
これはとてもありがたい、そして珍しいことです。


かく言うO様も、実は今年の春から美容鍼灸でご利用頂いているお客様からのご紹介ですし、そのO様をご紹介して下さった方も、ウォーキング・マジックのオープン間もなくからご利用頂いているお客様からのご紹介だったりします(ややこしい?)。

「口コミが一番だよ」とは、お客様どうしのお話でも、治療家どうしの会話でもしばしば耳にすることがあります。
情報の伝播の一形態としての「口コミ」ではなくて、人と人との繋がりの中で、自分の嬉しかった経験を親しい方にも共有させてあげたいと願う「ご紹介」。
そこにりんたパパは何とも言えない温かさを感じるんですね。


今日お見えになったお二人にはそれぞれに何とも言えない清々しいお顔に、明るい笑みを浮かべてお帰り頂くことができました。
それぞれのご紹介を頂いたお客様たちに、次回のご来院の際には良いご報告ができそうで、まずはホッとしています。

え?”ホッと”したから心も”ホット”になったんじゃないかって?
オチを先に言っちゃ、ダメですよ・・・ってまさかのダジャレ落ち?

お後がよろしいようで。
それでは、また。
りんたパパでした。





posted by りんたパパ at 22:44| 栃木 ☁| Comment(0) | 健康、鍼灸、リハビリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

12月になりましたね。

12月になりましたね。

huyu2.JPG

寒さも一段と厳しくなる時節。
忘年会などでお酒やご馳走を召し上がる機会も多くなることでしょう。

体調を整えて、楽しく健やかに年末、年始を過ごしましょうね。
鍼やお灸もどうぞご利用下さい。

ウォーキング・マジックでは皆様のご来院をお待ちしています。
posted by りんたパパ at 16:51| 栃木 ☁| Comment(0) | 健康、鍼灸、リハビリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

小さなお客様

土曜日の夕方、今年4月に足底板をお作りした小学3年生のYちゃんがお母さんと一緒に、久しぶりに来院してくれました。
バスケットボールをしている彼女は、足首の痛みに悩んでいましたが、足底板を使うようになってから徐々に痛みが減って、しっかりとバスケットボールを楽しんでくれています。

今回は足のサイズが変わって、一サイズ大きなシューズに買い替えたので、それに合わせて足底板を作りたいとのご依頼でした。

insole case.jpg
現在使用中の足底板。
5月、8月と2回調整して使ってくれています。
今回採型した新しい足底板ができるまでの間、使って頂けるように、裏カバーを修理してからお返ししました。

こうした成長にともなって、久しぶりの子どもさんが来院して下さるのはりんたパパとしても嬉しい限りです。
そういえば先週は、Yちゃんと同じチームのMちゃんも練習試合で足の付け根を傷めたと言って、急遽来院してくれました。Mちゃんのお母さんの話しでは、病院に行こうかと思ったのだけれども、Mちゃんが「ウォーキング・マジックが良い」と行ってくれたのだとか。
小さなお客様にもご指名を頂けるほど信頼頂けるとは、光栄です。

ちなみに、昨日行われた宇都宮マラソン。
恒例行事として、りんたの学童野球チームのメンバーも参加しました。
低学年は親子ペアで2kmのコースを走る(高学年は子供だけで3km走ります)ので、事前に野球部のテントの片隅をお借りして、希望されるお父さん、お母さんにテーピングをして差し上げていました。
走り終わった後も”のぼせてなんだか頭痛がしちゃった”5年生や、”走っていたら太ももが痛くなっちゃった”4年生、”走ったのとは関係ないけれど最近肩が痛む”お父さんなどのケアをせっせと行い、別の意味で”ケアマラソン”状態になっていたのでした。
ここでもチームのメンバーたちに「体のことはりんたパパに」との信頼して頂けるようになってきたようですね。


ご期待に沿えるように、頑張らなくっちゃ。
まずはお預かりしているYちゃんの足底板からですね。
職人仕事、張り切って参りましょう。
posted by りんたパパ at 12:03| 栃木 ☁| Comment(0) | 健康、鍼灸、リハビリテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする