2017年04月25日

ちょっとだけお姉さんにみえた瞬間

皆さんこんにちは。
りんたパパです。


昨日は久しぶりに宇都宮市保健センターで、スキンタッチ教室の講師をつとめ、乳児さんとそのママさん達に癒されて参りました。なんだかね、やっぱり空気がミルキーな雰囲気になるんですよね。
今回はアシスタント的なことをしてきましたが、来月(5月29日・月)はりんたパパがメインの講師を担当致します。1歳未満の子供さんのいるママさん、よろしかったらご参加下さいね。もちろんお知り合いにチビちゃんのいるママさんがいらっしゃいましたら、教えて差し上げて下さい。
詳しくは宇都宮市子育てサロン中央 пF028-627-0204 までお問い合わせください。


子供の洋服って、すぐに子供の体が大きくなってしまい、真新しいものもそうそう数が揃えられなかったりしませんか?
そんなときに嬉しいのが、よそから頂く”おさがり”。
うちの子たちは”おさがり”大好きで、特によく見知っている子から頂くととても喜んだりします。

今回、おさがりを頂いたのはあゆちゃん。
「ふーちゃんのニオイだ。」
と嬉しそう。

少し年上のお友達から頂いた服は、それまであゆちゃんが持っていなかったようなお洋服で、着てみるとやっぱり雰囲気が違って見えたりするんですよね。

IMG_1560.JPG

靴下を履いていても、なんだかちょっぴりお姉さんっぽく見えます。

IMG_1561.JPG
「あゆちゃんだよ。」

IMG_1568.JPG
なぜだか頬っぺたへこまして、なぞのポージング。

ま、楽しそうで良かった。
ちなみに、去年のあゆちゃんはモビルスーツみたいでした・・・(笑)
http://bumotasansan.seesaa.net/article/437870008.html
女の子らしく育ってくれて、おとーさん安心。


昨日のベイビーたちも、あと何年もしないうちにこんなことを始めるようになるんです。
まだおしゃべりもできなくて、食べられるものも限られていて、やわらかくてあったかくて、ひたすらカワイイ生き物だという時期もあっという間に過ぎちゃいます。
ママさん・パパさん達、お世話が本当に大変だとは思いますが、今のこの時期を目いっぱい楽しんで味わって下さいね。

りんたパパは上の子供(りんたのことですね)が可愛い盛りの頃は転職したり、新しい職場で事業を立ち上げることに心身をすり減らしている時期でしたから、十分に子どもと関われず、殆ど一緒に過ごせなかったことがとても心残りでした。
6歳離れてあゆちゃんが産まれてきてくれたことで、もう一度子どもと過ごせるチャンスを頂いたようなもので、本当にありがたく思っています。
あゆちゃんと関わることや野球部の子供たちと触れ合うことで、改めてりんたとの絆も深まっていくことも日々実感できますしね。

お仕事や家事でお疲れのパパさん・ママさん。
お体のコンディションを整えて、家族と過ごせる時間を活き活きと過ごしてみませんか。
お灸や鍼はきっと、そんな方々のお力になれると思いますよ。

それでは、また。
りんたパパでした。
posted by りんたパパ at 12:11| 栃木 ☁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

イクメン奮闘記

皆さん、お疲れ様です。
りんたパパです。


しばらくご無沙汰だったブログ、何となく再開してみました。
お知らせのついでに、ちょこっと、パパっと書いてみる。
こんなのも良いんじゃないかと思って書いてみたんですね。
まあ、時にはじっくりと丁寧に書いてもみようかと思いますので、それもお楽しみにして下さいね。


たまたま、5年ほど前に「イクメン奮闘記」なる公募文章に応募したものがPCに残っていたのを見つけたのでアップしますね。
本当は二重投稿はご法度なんですが、採用されなかった文章を本人のブログに載せるだけですから、多めに見てもらいましょう。
もし、子育てに関わることに慣れていなくて、苦手意識なんかもあったりするパパさん、ママさんが少し気楽に子育てに関わっても良いかもなんて思うきっかけになってくれたら、幸いです。

「子供との人生はきっとカラフルだ」

 ボクは昭和47年生まれ。平成23年12月現在、39歳。
 5歳の息子の父親である。
 子育てには参加しているつもりではあるが、「イクメン」なる言葉でくくられることには、ちょっと抵抗がある(ちなみに、イケメンでもない・・・まあこれはどうでもいいか)。

今を去る事10年あまり前、当時独身だったボクは、朝は7時前に仕事にでかけ、家に帰るのは9時、10時という生活をしていた。
 コンビニや、週末の休みに行く駅前のスーパーやドラッグストアでは買い物をしたことはあったが、近所の商店では買い物をしたことはなかった。それもそのはず、近所の店が開いている時間に、ボクは不在だったから。
 ある日の事、たまたま出張先から直接帰宅した帰りに、近所の鮮魚店が開いているのを見つけて、のぞいてみた。
 人懐こい店のおばちゃんに勧められて、ブリの切り身か何かを買った。もともと料理は好きな方だったから、塩焼きにして食べたと思う。あいまいな記憶だが、うまかった事だけは覚えている。

 週末にはその店は休業しているらしく、それまでシャッターが下りているところしか見ていなかった。
 その時に気が付いた。近所の人たちの顔も、ほとんど見たことが無かった。
 魚屋に寄った時にすれ違った、自転車に乗った小学生たち。
「このあたりに、こんなに子供も住んでいるんだ」なんて思ったっけ。

 仕事に力を入れて、世の中に貢献するのも一つの素晴らしい生き方だと思う。
でも、生きていくって、生活するってそれだけじゃない。
 職場でどれだけグッドパフォーマンスしていても、それだけじゃもったいないと思った。

 それから、結婚して、数年して息子が生まれた。

 息子と一緒に自転車に乗って、宇都宮の朝の空を眺めながら保育園に向かう。
 季節が変わると、空の色も違う。
 通り道の桜並木や、大学のキャンパスの木々の色も変わっていく。

 息子とお風呂に入る。
 30年ぶりにウルトラマンの主題歌を歌って聞かせる。
 モロボシ・ダンやハヤタ隊員の変身する姿が鮮やかに脳裏によみがえる。

 ボクの人生が何だかカラフルになったように感じる。

 子育ては特別なものじゃない。奮闘って、闘うものでもないよね。
 敢えていえば、生き方、暮らし方に根ざしたものだと思う。
 住む場所と、そこに住む人たちとつながっていけるものだと思う。
 子供の成長と共に、嫁さんのママ友達、パパ友達、学校の先生、ひょっとしたら子供のスポーツや趣味活動に関わってくれる人たちともつながるだろうし、ボクもよそんちの子供とだって関わっていく・・・そうして人の輪が広がっていくんだろう。

 息子と、よめさんとボクと、周りの人たち。
 これからの暮らしがどんな風に彩られていくのか、今から楽しみで仕方がない。

posted by りんたパパ at 22:57| 栃木 ☁| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お知らせ スキンタッチ教室について】

お知らせです。
(いきなりの連投すみません。実はこの記事がメインだったのですが、なんだかあれこれ書きたくなっちゃいましたもので、つい・・・ね。)

今年度もりんたパパが所属しております栃木県鍼灸師会 宇都宮支部では、宇都宮市子育てサロン中央(JR宇都宮駅西口 ララスクエア9F宇都宮市保健センター内)さんの「親子スキンタッチ教室」に講師派遣のご協力をさせて頂くことになりました。

この「親子スキンタッチ教室」というのは宇都宮市在住の1歳未満のお子さんとその親御さんを対象に、小児はりの技法をもとに、スプーンや歯ブラシなどの身近なものを使って子供の心身の健やかな発達を促したり、軽微な不調に対処するケアの方法をお教えするというものです。
http://tochigi.harikyu.or.jp/member/kiraku.htm
過去のスキンタッチ教室の様子です(あ、実施予定が古いままだ・・・)。

およそひと月に1度(8月はお休みです)行われており、今年度はりんたパパも4月と5月に講師を担当致します。

4月24日(月)、5月29日(月)いずれも14:00〜(1時間程度)
年度の初めは例年参加される方がさほど多くないので、日は迫っておりますが、まだ空きがあるのではないかと思います。
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。

宇都宮子育てサロン中央
028-627-0204

そうそう、これに伴って両日ともりんたパパの治療院、ウォーキング・マジックは午後診をお休み致します。
4月24日(月)、5月29日(月)の営業は
9:00〜11:00 19:00〜21:00 となります。
ご了承くださいね。

お知らせでした。
ラベル:お知らせ
posted by りんたパパ at 11:33| 栃木 ☔| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする